以来、ランニングシューズを買入しようと考えている方、どの大きさを買おうとしていますか?常々履いているスニーカーやサンダルシューズの大きさでしょうか。

ランニングシューズはそれでは合わないケースがあります。

大きさが合わないと、靴擦れになってしまい、ランニングが楽しくなくなってしまいます。

折角買ったランニングシューズが無駄になってしまう前に、うってつけ大きさのランニングシューズを買入しましょう。

ここでは自分の足の大きさを測る測り方をご紹介します。

まずは、「足長」を測定しましょう。

「足長」というのは、つま先からかかとまでの縦の長さのことで、ランニングシューズの”〇〇cm”を選択した場合きに大切になります。

この時、左右の足の大きさが異なることが多くあります。

そのケース、長いほうの足を基準にしてくださいね。

次に、「足囲(ワイズ)」を測定しましょう。

これは、所謂足の”横幅”です。

足の母指球のあたりから、足をぐるっと一周させて測りましょう。

通例のスニーカーでは「足囲」を意識する必要はありませんが、ランニングシューズはかなり大切です

製造企業やランニングシューズによって、横幅の大きさが変化してくるので、自分の大きさを知っておきましょう。

インターネットで検索した場合「足囲(ワイズ)早見表」というものがあります。

これで何センチの何のランニングシューズを選んだらよろしいのかが分かります。

例えば、ある女の人のケースで、「足長」の実寸が24cmの人は、25cmのシューズが理想です。

そして「足囲(ワイズ)」が240mmならEのシューズが理想です。

つまりは、この女の人は、”24cmのE”のランニングシューズを選べばよろしいわけです。

大きさを測るときに注意点があります

1つ目は、測る時間は夕方にしましょう。

日中活動しているうちに、足裏の土踏まずが下がってきて足が広がります

約0.5~1cmほど大きさが変化してしまうんですよ。

朝だと足のむくみ等で大きさが変化してしまうので、やはり、夕方がおススメです。

2つ目は、ソックスを履いた有り様で大きさを測りましょう。

シューズを履くときは必ずソックスを履きますから、必ずソックスを履いた有り様で大きさの計測をしてください。

あなたにうってつけのランニングシューズを選定してくださいね。

部活動で陸上競技を始める人へ~シューズの選び方~

春から陸上競技部で活動したいと考えている方、色々ななランニングシューズがあって戸惑っている方も少なくはないのではないでしょうか。

形も色も価値も作製専門業者も使途も・・・色々で迷ってしまいますよね。

陸上競技を行なうにあたって、常々のトレーニングで利用するランニングシューズ(UPシューズ)と、大会で利用するレーシングシューズ(スパイク等)の2つが必要になります。

ここでは、ランニングシューズ(UPシューズ)に対して、選択法とおススメのシューズをご紹介していきます

短距離(100~400m)・中距離(800~1500m)・跳躍(走幅跳・走高跳・三段跳等)を頑張りたいと思っている方は、「ソールが薄く硬い」シューズがおススメです。

これらの種目のトレーニングはスピードを出すことがメインになるとおもいますが、ソールが厚いものだとスピードが出ずらいうえ、柔らかいとつま先からの接地がうまくいきません。

スピードを重視する種目の人は、「ソールが薄く硬い」ものを基準にして選定してみてください

おススメのシューズは、「Adidas(アディダス)」の”アディゼロ匠シリーズ”です。

このシリーズはソールが比較的薄く、兎にも角にも軽くて、走り易いです。

私も3年愛用しました(笑)長距離(1500m~)を頑張りたいと思っている方は、「ソールが厚く柔らかい」ものがおススメです。

長距離のトレーニングは兎にも角にも走ります。

これによって、ソールが薄いとグラウンドからくる足への衝撃が軽減されず、疲労骨折になってしまう見込みがあります。

特に女子は足底で赤血球がつぶれて貧血の要因になります、。

そうならない為にもソールは厚いものを選定してくださいね。

おススメのシューズは、「NIKE(ナイキ)」の”ズームフライ”や「asics(アシックス)」の”ターサージール”です。

願わくは確かめてみてください。

投擲(砲丸・やり・ハンマー・円盤投げ等)を頑張りたいと思っている方は、「ソールが厚くて硬い」ものを選択しましょう。

踏ん張る際につぶれず、接地がぶれないようなきっちりとしたソールのものを選定してください。

おススメのシューズは「MIZUNO(ミズノ)」の”ウェーブライダー”です

あなたの種目に合ったシューズで、陸上競技を頑張っていってくださいね。

応援しています。

アディダスのおすすめランニングシューズ

ランニングシューズのオーダーを検討している方、色々な種別があって戸惑っていませんか?形や色、作製専門業者に価値もバラバラで、どれがいいのか迷いますよね。

そこで、王道作製専門業者「Adidas(アディダス)」のおススメシューズをご紹介します。

「Adidas(アディダス)」と言えば、3本ラインが特徴の作製専門業者ですよね。

近頃ではスタイルブランドとしても評判なのが物語るように、スタイル性が高く、オシャレです。

まず1つ目におススメしたいのは、個人的にも大おお好きで愛用している”アディゼロ 匠錬(タクミレン)”シリーズです。

このランニングシューズはソールという足底の箇所が薄くなっているのが特徴です。

かかともちゃんとホールドされていて、足がグラウンドに接地した場合きも左右のブレを防いでくれます。

パッと見が痩せ型で、履いた時にすっきりして見えるのもかっこいいです、。

兎にも角にも軽くて走り易いので個人的に大おお好きなランニングシューズです。

2つ目は”アディゼロ ジャパン”シリーズです。

このランニングシューズは、1つ目に紹介した”匠錬”と比べるとややソールが厚めになっていています。

その分、クッション性か高く、グラウンドからの反発が強いのが特徴です。

グラウンドから足がはじき返されるようなバネ感があって、アスファルトでも走り易いランニングシューズです。

外国作製専門業者ですが、ニッポン人の足に合わせた設計ですので、外反母趾等で靴擦れしてしまう人でも比較的フィットし易いのでおススメします。

3つ目は”ウルトラブースト”です。

このランニングシューズは、ソールが厚く柔らかいのが特徴です。

つま先が上向きになっているデザインですので、かかとからつま先に向かってグラウンドに接地していく機動を後援してくれます、。

そしてデザイン性が高く、街中で長い距離をゆったり走ったりウォーキングしたりする際にもってこいの一足です。

運動不足克服やダイエットをお目当てとしている方に特におススメです。

「Adidas(アディダス)」のランニングシューズは、大きさ感が少しばかり大きいように感じます。

その為、一度ストアーで試し履きをしてみるといいですよ。

それから、インターネットでおおお好きな色を探せばばっちりです!大好きな物のステキな1足を見つけてくださいね。

ランニングシューズのサイズ選び

投稿ナビゲーション