ランニングシューズのオーダーを考えている方、どんなランニングシューズがいいか迷ってしまいますよね。

種別や使途、作製者、価値・・・多様なランニングシューズがあり、迷ってしまうのは自然です、。

折角オーダーしたランニングシューズで、靴擦れが起きてしまったらどうしようと不安になる方も少なくないはずです、。

ストアーでは大きさがうってつけでも、いざ走ってみると、靴擦れが起きてしまうこともあります。

そうならない為に、足の形別にどんなランニングシューズを選んだら良いのかをご案内します。

足の形は大きく分けて3つあります。

1つ目は、”スクエア型”です。

これは、足の指の長さがそろっていて、比較的横一直線になっている形です。

”スクエア型”の人は靴によって小指の横が圧迫されがちです

小指のあたりで靴擦れしてしまうことが沢山やうです。

靴擦れを最小限にする為には、柔らかいランニングシューズがおススメです。

足の形に合わせて形がチェンジしてくれる柔らかいランニングシューズであるのなら、小指の圧迫を和らげてくれます。

大きさに少しばかりゆとりを持ったものを選択するのもポイントです、。

早急にに小指のところに穴が開いてしまうかも知れませんが、そうなったら寿命です。

手法ないと諦めて、次のランニングシューズを探しましょう。

2つ目は、”エジプト型”です。

これは、足の親指が最も長くなっていて、小指にかけて傾斜がついている形です。

”エジプト型”の人は親指のつま先が圧迫されます。

それによって、親指のつま先に水ぶくれができたり、爪が押されてひどいときは内出血にまで至ることもあります。

この型の人には、つま先がちゃんとホールドされているランニングシューズがおススメです。

比較的形がきっちりしていて、型崩れしずらいランニングシューズのほうが、足の前後のずれを防いで、親指の靴擦れも防ぎます。

3つ目は、”ギリシャ型”です

これは、人差し指が一番長くなっている形です。

この型の人はラッキーです。

どんなシューズにもなじみ易いのです。

ただ、この型の人は、外反母趾になっている方が沢山ので、やや幅のワイドランニングシューズのほうがおススメです。

シューズを選択した場合きは、幅が広めのランニングシューズが安心ですね。

靴擦れしないあなたにうってつけのランニングシューズを見つけてくださいね。

用途別にランニングシューズを選ぼう

ランニングシューズを買おうと思っている方、多彩なランニングシューズがあってどれを選定していいか分からない人は少なくないのではないでしょうか。

作製者、使途、いっぱいの部類があってどれがいいのか迷いますよね、。

そういったあなたに、使途別にどんなランニングシューズがいいのかをご紹介します。

まず、「長い距離をゆっくりと走りたい」という方には、”ソールが厚く柔らかい”ものがおススメです。

ソールというのは、ランニングシューズの足底の箇所です。

長い距離を走る際、グラウンドからの衝撃が足に蓄積していきます。

厚いソールはその衝撃を和らげてくれるので、長い距離でも足の疲労を最小限にして走ることが出来ます。

またゆっくり走るケースは、歩く機動に近いかかとからグラウンドに接地する形になります

そのとき、ソールが硬めだとスネに余分に力を投入してしまって疲れるので、ソールは柔らかいものを選択しましょう。

次に、「本格的に走りたい」という方には、”ソールが薄く硬い”ものがおススメです。

ゆったりとしたジョギングだけでなく、スピードにのった走りやレースにでたいという方向けです。

ソールが薄いと厚いものと比べるとグラウンドからの衝撃がありますが、硬いものならそれほど変わりません。

10キロくらいまでの距離なら、ソールは薄めのほうが記録を狙った走りに向きます。

おショップでは、「レーシングシューズ」として置いている所もあります。

ソールが薄いと、何より走り易いです。

その為、部活動などのUPシューズとしても、大会用のレーシングシューズとしても、本格的なランニングシューズとしてもおススメです。

最後に、「トレーニングをしたケースではきに使用したい」という方には、”ソールは厚めで硬い”ものがおススメです。

ジム等に通うときにトレーニング用のランニングシューズが必要ですよね。

トレーニングの際は、重りを使ったり踏ん張ったりすることが沢山ので、ソールは厚めで硬くないと直ぐにつぶれてしまします。

自分の踏ん張るところだけがつぶれてしまうと、立つ姿勢が悪くなったり、体が傾き怪我の要因になってしまします。

そうならないように、トレーニングの際は、ソールが厚めで硬いものを利用しましょう

あなたの使途に合わせたうってつけのランニングシューズが見つかりますように。

ゆっくりと長い距離を走りたい人向けランニングシューズ

天気のいいときにウォーキングやランニングをしたいという方、どんなランニングシューズを履いていますか?新しいものを選択する時も、多様な部類があって迷ってしまったのではないでしょうか。

そういった方におススメのランニングシューズをご紹介します。

まず、ゆっくりと長い距離を走りたい、歩行たいというケースは、「ソールが厚く柔らかいもの」がおススメです。

ソールというのは、ランニングシューズの足底の部位です。

なぜおススメなのかというと、ソールが厚いものは足への衝撃を軽くしてくれるからです。

大半のケース、アスファルトで走ったり歩いたりすることが沢山のではないでしょうか。

アスファルトは硬いので、足への衝撃が大きく、疲労がたまってしまいます。

厚いソールは衝撃を軽くしてくれるので、長い距離でも負担を最小限にしてくれます。

長距離ランナーや幅跳びなどのジャンパーによくある、足底で赤血球がつぶれることが要因の貧血も防ぐことが出来ます、。

そして、ゆっくりと走ったり歩いたりする際は足のグラウンドへの接地が、かかとからになるとおもうので、ソールが柔らかいほうがすねに無駄な力を入れなくて済みます。

願わくは、選択する際にソールを見てみてください

「ソールが厚く柔らかい」おススメのランニングシューズをご紹介します。

1つ目は、NIKE(ナイキ)の”ズーム フライ”です。

大評判のランニングシューズで、プロのマラソンランナーも利用するほどです。

しかしながら、高反発のソールが凄く機動易いので、プロだけじゃなく、通常の方がランニングやウォーキングに利用するのもおススメです。

2つ目は、NewBalance(ニューバランス)の”フレッシュ フォーム”です。

ソールが凄くソフトにクッション性がたいへん高いのが特徴です。

これによって、初心者でも怪我の心配なく長い距離を走れます。

ただ砂利道等は安定しないので避けたほうがよさやうです

3つ目は、asics(アシックス)の”GT2000”です。

ニホンの製造者とだけあって、ニホン人の足にフィットします。

ホールド感があって安定した接地が望めます。

色バリエーションも潤沢でオシャレなものが沢山ので、自分のお好きな色を探してみてください、。

あなたにうってつけの1足を見つけてくださいね。

あなたの足の形は?靴擦れしないランニングシューズを選ぶポイント

投稿ナビゲーション