ロードバイクに乗ってる方がサイクルジャージを着て軽快に走っているのを見かけますが、自転車を始めたら爽快なウェアも欲しくなってくるものです

爽快なウェアも欲しくなってくる

サイクルジャージは、もともとロードバイクのレースで選手が着用するウェアとして創られた為に、軽量ですさまじく通気性がいいのが特徴です。

そして汗をかいても早速に乾くように速乾性に優れています。

上半身のジャージにはロードバイク中の栄養を補給可能なように収納ポケットが付いています、。

システム的なサイクルジャージは、ロードバイクをはじめ運動競技サイクルに乗られる方にとってはすさまじく理想的なウェアです。

そこで、初心者の方におススメのサイクルジャージの選択法をご案内します

日常的に違和感なく着こなしたいのであるのなら少しばっかりゆったり目の大きさのものを選択するのがおススメですが、本格的にロードバイクを意識してスピードを出したいのであるのなら、ゆったり目と比べるとフィットした大きさ感のものを選択するほうが良いでしょう。

ゆったりしたものを選定してしまうと、隙間から風が入り込んだり、生地が風の影響を受けやすくなってしまいます。

風の抵抗をなくす為には体にフィットしたものが良いでしょう。

春夏用は、吸汗・速乾性が良いポリエステル製100%のものがおススメです。

UV除去決済がされたものも多くあるので、暑い日でも爽快に走る事が出来ます。

一方、秋冬季のケースは、裏起毛のウェアが沢山出ているので、冬季でも軽装で走ることが出来ます。

体温を逃がさず蓄熱するスタイルのアンダーウェアもあるので、その上に春夏用ジャージを着て走る方もいらっしゃいます、。

製造者によって着心地やフィット感が異なるので、初めてサイクルジャージを買う時は、願わくはストアーへ足を運んで実物に触れて選択する事をおススメします。

そして、必ず試着をしましょう。

大きさは、空気抵抗の事を考えてあえてコンパクトな大きさのものを選択したケース、走行中に腹部や背中が出るので要注意です。

腰近所がキツいと感じたらもうワン大きさ上のものを選択するのが最良です。

サイクルジャージは、走行中の車から見つけてもらい易いようにシンプルなデザインと比べると派手なデザインで創られています。

初めての方は少しばっかり照れくさいかも知れませんが、近頃では日常使いの出来るデザインのものも数多く出ています。

気に入ったデザインのものはテンションも上がるので、おお好きなデザインで選択することもポイントです。

安全対策で欠かせないヘルメット

運動競技サイクルを始めるにあたっては、サイクルウェアと言うサイクリング用のスタイルが必要ですが、ウェア以外にもヘルメットは安全にサイクリングを楽しむ為に欠かせないグッズです。

安全の為だけでなく、ヘルメットはサイクリングスタイルを楽しむ為にも大切です、。

大好きな物のヘルメットが見つかれば、サイクリングが楽しくなること間ちがいありません。

ヘルメットの選択法には2つのポイントがあります。

大切な頭を守るものですので、安全性とデザインにはこだわり抜いたほうが良いでしょう。

まず安全性ですが、世間一般的な自転車用のヘルメットにはSGマークを取得したものがあり、運動競技サイクル用のものであるのならJCF(ニホン自転車競技連盟)が公認・推奨しているものがあります。

外国製のものであるのなら、米国のCPSC(米国消費者生産品安全委員会)や欧州連合のCEマークが貼られています。

運動競技サイクル用のヘルメットであるのならJCFマークがあるものをおススメします。

ヘルメットの使命は頭を守るためだけでなく、目立つことで自動車等に自分の存在をアピールし事故を抑制したケースいう効き目もあります、。

ブラック色のヘルメットも多く売り出しされていますが、安全面を重視するのであるのなら、カラフルでより目立つヘルメットを選択する方が良いでしょう。

ヘルメットは服や靴と一緒で、大きさが兎にも角にもキーポイントです。

選択したケースきは試着をして、フィット感を確かめるようにしましょう。

頭の大きさが分かっていればインターネットでオーダーしてもほぼ問題ありませんが、大きさが合っていてもフィット感が違う等モデルによって若干異なるので、サイクリング初心者で初めてヘルメットをオーダーするケースは、特に試着することをおススメします。

サイクリングをおこなうときはサングラスをしたりサイクルキャップ等をヘルメットの下に被ることがあります、。

そういった装備をヘルメットとともに装着したケースに、互いに干渉しないようにありのままの使用性を想定して選択することも忘れないようにしましょう。

ヘルメットはサイクリングの爽快性も左右し、スタイルとしてもキマっていればテンションも上がってサイクリングを楽しめます。

適当に選ばず、自分にしっかりと合った大好きな物のヘルメットを探しましょう。

サイクリングでの紫外線対策

春から秋にかけてはサイクリングするのに良いシーズンですが、日差しや紫外線の強いシーズンでもあります。

これによって、ケアやUV予防を怠ると肌にダメージを与えかねません。

このシーズンを乗り切断する為に、サイクリングにおススメな紫外線対応策のスタイルやグッズをご案内します。

運動競技スタイルの自転車は前傾姿勢をとるため、首筋や頬骨、二の腕部位等が特に日焼けしやすくなってきます。

日焼け止めを塗り込むのも当然効きお目当てですが、サイクリング中は汗をかくため逐一塗り直す必要があります。

これによって、本質的には肌を露出する部位を覆うことが日焼けを防ぐ効きお目当てな手法といえるでしょう

紫外線対応策用のUV除去素材のサイクルウェアを選び、上半身はそれに加え、アームカバーやネックカバーで覆うと良いでしょう。

夏のサイクルウェアは半袖が世間一般的ですので、ジャージからグローブまでをつなぐ腕全体を覆うアームカバーが日焼けを防いでくれます。

二の腕部位がズリ落ちてこないように設計されており、そのうえ夏用のアームカバーは冷感素材を利用しているものが多く、肌にバツグン密着はしても、暑くなると言うこと言うのはありません。

また腕の内部部位は汗をかくので、生産品によってはメッシュ素材で蒸れずらいものもあります。

またグローブは、日焼けを最小限に抑制したいのであるのなら夏でもフルフィンガースタイルのものがおススメです。

ショートフィンガースタイルのグローブだと指の第二関節までしかなくその分涼しいのですが、指先が日焼けしてしまいます

より一層、夏場によく着る膝上丈のサイクルパンツやビブパンツのケースは、腿にくっきり日焼けラインが出来ることが沢山ので、そのケース、腿からくるぶしにかけてレッグカバーで覆って紫外線対応策をします

レッグカバーもアームカバーと同様に冷感素材でできているので、涼しさを感じ取れるようアレンジがされています。

最後に、日焼け止めは効き目の高いSPF50&パーキングスポット++++のウォータープルーフ規格のものを使いましょう。

そして、休憩時に逐一塗り直すのが日焼けを防ぐポイントです

自転車は他の運動競技に比べて長い時間続けられるので、その分長く紫外線にさらされてしまいます。

ちゃんとした紫外線対応策をして爽快にサイクリングを楽しみましょう。

初めてのサイクルジャージの選び方


投稿ナビゲーション