近頃、運動競技スタイルの自転車に乗る女の人が増加してきていますが、それに伴い、製造者でも女の人の体型に合わせた車体を出したり、女の人用のサイクルウェアを幅広く広く展開しています。

サイクルジャージとレーサーパンツ等のサイクルウェア

サイクリング初心者の方が自転車の次に準備すべきものは、サイクルジャージとレーサーパンツ等のサイクルウェアです。

サイクリングは新陳代謝があがり汗を大量にかきます。

これによって、汗がすぐ乾き、肌がべたべたしないよう、自転車に乗るときにはサイクルウェアを着用することをおススメします。

サイクルジャージは体にバツグンとした着心地で、空気抵抗を低減可能なようになっています。

そして本格的なものになると、通気性を調節出来るファスナーがついていたり、袖や背中に楽なポケットがついているものもあります。

初めは慣れないかも知れませんが、一度着てみると、サイクルジャージが風の抵抗を受けがたく爽快な走行が出来るかを実感するでしょう。

サイクリングは他の運動競技に比べ、長い時間紫外線にさらされるため、UVケアや日焼け予防を怠ると肌にダメージを与えてしまいます。

本質的には、肌が露出する部位を覆うことが最も効きお目当てな日焼け対応策です。

紫外線対応策用のUV除去素材のウェアを選び、より一層上半身はアームカバーやネックカバーで覆うと良いでしょう。

サイクリングをおこなうときに気になる点として、お尻の痛みがあります。

いくらかの時間自転車に乗ると、どうしてもお尻が痛くなってきます

ここでおススメなのが、パッド付きパンツです。

パッドがついていることで、お尻の痛みを軽減出来ます。

パッド付のインナーパンツを下着として着用し、上にタイツやパンツを合わせます。

レギンスにパッドが付いた専用パンツもあります、。

体型をすっきり見せたい方、重ねることで重みが出るのが嫌な方には、専用のパンツが良いでしょう。

女の人の方にとってはスタイル性の方もキーポイントですのですが、レディースのサイクルウェアを取り扱うブランドも増加してきています。

背中側の丈が一定グレードの服と比べると少しばっかり長めに設定されているウェア等、女の人が自転車に乗るうえで気になる点を配慮しながら、ワンピース・ノースリーブ・半袖スタイルのもの等、部類も潤沢でデザイン性にも長けてるブランドが数多くあります。

おしゃれで機能的なレディースウェア

ここ近頃、サイクリング女子が増加してきており、オシャレでシステム的なサイクルウェアを展開するブランドが出てきています。

是非、オシャレなレディースサイクルウェアを着用してサイクリングを楽しんでください。

Rapha(ラファ)は、イギリスのサイクルウェアブランドですが、クラシカルなデザインから、シンプルモダンなデザインまで幅広く広く展開している大好評ブランドです。

ウェアは、ピンクや紫等様々な色を扱っており、パッと見はオシャレですがシステム性はバツグンのシンプルでオシャレなものを多く取り揃えています。

KAPELMUUR(カペルミュール)は、潤沢な大きさ展開とシステム的なサイクルウェアを製作しています。

トレンドの格子柄をさりげなく取り投入しているクラシカルなサイクルジャージや、女の人向けのスカートを何部類も取り揃える等、オシャレの幅が広がること間ちがいありません。

若干価値が高めなのが気になるところですが、常々着としても着れてしまうサイクルウェアが沢山ので、着る機会が増加することを考えるとコスパはそれほど悪くはありません。

CASTELLI(カステリ)は、イタリアのサイクルウェア製造者で、プロチームにもウェア提供しているほど、高システムなウェアが取り揃っています。

女の人ウェアはたいへん可愛くて、ワンピース・ノースリーブ・半袖スタイルのもの等、部類も潤沢でデザイン性にも長けてるブランドです。

ワールドでもTOPともいわれているスイスのサイクルウェアブランドのAssos(アソス)は、通気性に長け、かつ寒冷にかなり強力に、寒いところでも爽快に自転車に乗れるよう、冬季用ジャージは-8度まで対応している生産品もあります。

少々価値が張るものの、1着持っていれば冬季はかなり心置きなくサイクリングを楽しむことが出来ます。

ニホンのサイクルウェアの老舗であるPEARL IZUMI(パールイズミ)は、縫いが丈夫で、ほかの製造者に比べてほつれがたく丈夫にできています。

生地も伸びずらいので、洗濯を繰返してもあまり色落ちしないため長持ちします。

ロードバイクに乗る人を研究して生産品が創られているので、着心地もよく評判がいいです。

イタリアの老舗サイクルウェアブランドのNalini(ナリーニ)は、デザインも部類も潤沢で、おもわず迷ってしまうほどの品揃えです。

ネットでオーダーするケース、価値が他よりお求めやすくなっているのでおススメです。

季節ごとのサイクリングの服装

四季折々で楽しめるサイクリングですが、シーズンに合わせたスタイルを選択することによって、サイクリングはより爽快になります

春と秋はサイクリングに適したシーズンで、特に新緑の中を走るサイクリングは最高です。

ただ、日中の寒暖差が大きいシーズンですので、体温調節がし易いサイクルウェアを選択しましょう。

寒冷対応策として、携帯に楽なサイクリング専用のウィンドブレーカーを携行したケース良いでしょう。

それ以外体温調整に楽なグッズとして、アームウォーマーとレッグウォーマーがあると楽です。

かさばらず脱ぎ着が容易ですので昼間の温かい時間帯は半袖、短パンのサイクルウェアで過ごし、朝晩の温度が低めのときだけアームウォーマーやレッグウォーマーを利用したケース良いでしょう。

より一層防寒用として、ネックウォーマーや秋冬季用のグローブ等準備しておくと安心です

夏のサイクリングで気を付けなければならないのが、日焼けと熱中症です。

日焼けは肌を傷めるだけでなく、体力を消耗させ熱中症のリスクを向上させるので、ちゃんと紫外線対応策をおこなうことが大切です。

夏はあくまで涼しいものをセレクトしましょう。

熱中症対応策としては、背中や脇の部位に通気性の良いメッシュ素材を使ったサイクルウェアがおススメです。

30度を超えるような実に暑いときのジャージは、超薄手のジャージに限ります。

紫外線対応策として使われるアームカバーやレッグカバーはパッと見は暑やうですが、夏用のものは通気性が高く速乾性の素材を利用しているので、汗の吸収や乾きが早急にすさまじく爽快です。

冬季のサイクリングはウェアのアレンジが最も必要なシーズンといえます。

ちゃんと防寒することが必要な一方で、汗による冷えを防ぐこともキーポイントです。

実は、メッシュインナーが実に必要なのは冬季だといえます。

汗が肌に触れないので汗冷えを防ぐことが出来ます

防寒は防風システムの高いサイクルウェアで風を防ぐことを重視しましょう。

フリースやダウンジャケット等で厚着したケース、汗びっしょりになって汗冷えを誘発してしまいます。

基本は、上半身が長袖インナーウェアに冬季用ジャージを合わせ、その上に防風の為のウィンドブレーカーを着ます。

下半身は冬季用の防風サイクルパンツか防風サイクルタイツといったシンプルな組み合わせで、温度に応じてネックウォーマーやイヤーウォーマー、防風グローブ、防風シューズカバー等を組み合わせて防寒対応策をおこなうと良いでしょう。

レディースのサイクルウェア


投稿ナビゲーション