サイクリング初心者はサイクルウェアを選択するのも苦労します。

気軽な街乗り感覚のサイクリングなら、本格的なサイクルウェアではなくカジュアルで街乗りにもかっこいいサイクルウェアがいいですね。

着まわしできそうなサイクルウェア

そこで、常々着でも着まわしできそうな、カジュアルでオシャレなサイクルウェアでおススメのブランドをご案内します。

フランスを代表する運動競技ウェア製造者であるLe Coq Sportif(ルコック スポルティフ)は、サッカーシューズの製造者として知られていますが、実はサイクルウェアも積極的に広く展開しています。

タウンユースでも違和感のないデザイン性を兼備しており、特に女の人用では、今までにないフェミニンな要素を強調しているウェアも目立ちます。

多様なシーンに合わせたラインナップから、大好きな物のサイクルウェアが見つかること間ちがいありません。

TERRY(テリー)は女の人の為の自転車グッズを創り出すことをお目当てに、1985年米国で出現しました。

シンプルなデザインで、自転車を降りたあとそのまま街を散策しても違和感のないスタイル性を備えています。

ワンピースやスカートもシステム的に創られており、女の人の爽快なサイクリングをコンセプトに、多彩なデザインのサイクルウェアを広く展開しています。

CYCORE(サイコア)は、主にポタリングや軽いサイクリングをおこなう利用者向けサイクルウェアを市販製品しています。

ウェアの素材には速乾性が高いドライシルキータッチを利用していて、ソフトにてストレッチ性に優れているので肌触りがおもいよく、紫外線も98%除去となっているので日焼け対応策も出来ます。

サイクルジャージより日常で着られるバックポケットTシャツは、立ち寄ったストアーで気軽にお食事や買い物等でき、リラックスした常々着として楽しめます。

カジュアルなスタイルに定評のあるサイクルウェアブランドといえばKAPELMUUR(カペルミュール)です

小物のキャップやサイクルスカートの部類も潤沢で、アクセサリーやシューズ等かわゆいデザインが潤沢に揃っています。

オシャレなデザインにこだわり抜いたサイクルウェアのブランドもいっぱいあります。

自分のお好きに合ったカジュアルサイクルウェアで、サイクリングを楽しんでください。

おすすめサイクルウェアブランド

サイクルウェアには、レース指向であったりカジュアル指向であったりと性格が異なる様々なブランドが存在します。

ここでは、カジュアルなサイクルウェアをラインナップしているおススメのブランドをご案内します。

まず外国ブランドからですが、イタリアの老舗自転車製造者であるチネリは、ロードバイクだけでなくサイクルウェアにも力を投入していて、斬新なデザインのカジュアルで遊び心溢れるものに仕上がっています。

チネリのサイクルウェアのラインナップは幅広く、スウェットシャツやパーカー、Tシャツやポロシャツまであってます。

カペルミュールはオーダーサイクルウェアを手掛ける、ウェイブワンが展開するブランドです。

カペルミュールのサイクルウェアは、そのフランドルの獅子の紋章を生かしたデザインになっており、基本は左胸にワンポイント入っています。

ボタンダウンジャージは、襟と胸ポケットが付いたポロシャツのようなサイクルジャージで、大人っぽい感想や感じ方ながら、カジュアルなデザインになっています。

ナリフリは、自転車に乗ることを想定したシステムと、街に溶け込むことを両立させた、比較的新しく表れたサイクルウェアのブランドです。

カジュアルなものでは、Tシャツやプルオーバーパーカー、半袖シャツやショートパンツがラインナップされています

特に、プルオーバーパーカーやショートパンツ等は、ストリート系のピストバイクでのコーディネートィネートに最適です。

外国ブランドのケース、欧米人の体型をベースに創られているので、人によってそのフィット感を好まないケースもありますが、そういったときは国内ブランドを選定しては如何でしょうかでしょうか。

パールイズミはニホンのブランドであるが為に、ニホン人向けにコンパクトな大きさが揃っています。

フリージーサイクルジャージやサイクルプリントジャージは、グレーやネイビーブルーを基調としており、街乗りだけでなく常々着としても利用出来ます。

フォルムもゆったりした創りですので、ボディーのラインがあまり目立ちません。

トウキョウウィールズは、都市部のライフスタイルに沿った自転車専用のウェアを中心に展開するブランドです。

サイクルジャージはおもいゆったり目で、ショートパンツ等にもコーディネートィネートし易いように創られています

改良された感想や感じ方を与える大人っぽいデザインは都市部のライドにも最適です、。

サイクルパンツ

サイクルパンツを履いてロードバイクやクロスバイクに乗っている方をよく見かけるとおもいます。

ただ、初心者の方のケースは、どうしてもパッと見のインパクトが強すぎて、サイクルパンツをオーダーする踏ん切りがつかないと言う方も沢山やうです。

サイクルパンツは自転車のなかでも、特にロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク等に乗る方の為に創られている専用のウェアで、お尻の部位にパッドが付いています。

運動競技用の自転車のケース、堅くてコンパクトなサドルが取り付けられていますが、衝撃をあまり吸収しないので、いくらかの時間走るとどうしても骨盤が当たる部位や股間が圧迫されて痛みが出てきます。

この有り様を我慢したまま乗り続けると、皮膚がすり切れて血が出てしまったり、麻痺してしばらく感覚がなくなってしまうことがあります。

サイクルパンツを履くことでこれらの症状が起きがたくなり、爽快に走れるようになります。

サイクルパンツは体にフィットする創りとなっているので、空気抵抗を減らす働きがあり、履くだけで走る速度がUPするメリットがあります、。

より一層、筋肉は力を加える以外にも振動を受けることで疲労していくので、サイクルパンツで締め付けることでこの振動による疲労を抑制する働きも望め、いくらかの時間の走行でも疲れがたくなります。

自転車に慣れてくるとサイクルパンツがなくても30~40kmくらいの距離なら走ることが可能なようなって、無理にオーダーする必要はありません。

ただ、それ以上の距離を乗るケースはサイクルパンツがあった方がより爽快にサイクリングを楽しめるでしょう。

女の人のケースは特にパッと見を恥ずかしいと感じ取れる方が沢山ようで、サイクルパンツの上からサイクル用のスカートをはいたり、ハーフパンツを履いて隠している方もいらっしゃいます。

一定グレードの下着みたいにズボンの下に履くスタイルのものも市販製品されているので、どうしてもパッと見が嫌な方はそちらを利用しても良いでしょう、。

ただ、上にもう一枚ズボン等を履くことなって、空気抵抗を削減する効き目は得られなくなってしまいます。

サイクルパンツを利用することによって、長距離のライドだけじゃなく、ちょっとしたサイクリングでも爽快に自転車に乗れるようになります。

まだ持っていないと言う方も是非一度試してみてください。

カジュアルなサイクルウェアでおすすめのブランド

投稿ナビゲーション